セルフィードローンの詳細を知りましょう、トンシスは通りかかっています!

カメラのセルフィーやトングシスのセルフィーにもう飽きていますか? これ、自撮りドローンを試す必要があります。 自撮りまたはセルフ写真撮影の活動は現在、成長傾向になっています。 この傾向の進展により、明らかに自撮りは現代社会の一般的な文化になった活動となっています。 Selfieは多くの人々にとって非常に楽しい活動であり、子供から大人までのすべてのグループに愛されています。

自撮りの成長傾向は、現在、イベントを盛り上げるためにいくつかの電子メディアで使用されています。 一部の人々が自分自身を表現する方法である自分撮りは、観察され、その開発に続いていくことが重要になります。 #スマートフォンの潜在市場および自撮り活動家と見なされているインドネシアは、自撮りドローンがare延し、定着している場合、確実にターゲット市場になります。

ドローンはまだ大量生産されていませんが、これは自撮りドローンが普及していないという意味ではありません。 一部のサークルは現在、魅力的なデザインのこの自撮りドローンを開発しており、大量生産が可能です。 将来、ドローンがスマートフォンのように販売されている場合、自撮りドローンが自撮りスティックのようなトレンドになるということではありません。

Selfie Droneとは何ですか?

目次

  • Selfie Droneとは何ですか?
    • 技術開発
    • アートと創造性が融合するとき
    • カメラは最も重要な要素です
    • 高価な価格
    • インドネシアに存在しますか?

Selfieドローンは、カメラを装備し、高度なデバイスを使用してリモートで制御される無人のグリフを使用して実行されるセルフィーです。 ドローンを使用して自分撮りを行うと、腕や舌に沿ってのみ到達可能な通常の自撮りよりも広く見える画像が生成されます。

このより広い写真は、以前のドローンから一定の高さから写真が撮影されたために得られました。 ドローン自体は小型で、4つのプロペラで支えられています。 ドローンは不用意に飛行することはできません。 ドローンを飛行するときは、風の高度と圧力に注意する必要があります。

技術開発

自撮りドローンの出現は、既存の技術の開発と不可分です。 パイロットなしで飛行し、下から制御されるドローン技術は、実際にその形を見つけました。 過去に軍隊が国防のためにドローンを使用していることを知っていた場合、ドローンは一般の人々が所有できるようになりました。

アートと創造性が融合するとき

技術開発要因に加えて、創造性のレベルと写真を撮る技術の芸術的側面は、自撮りドローンの出現に影響を与えるものと考えられています。 主にティーンエイジャーである自分撮り愛好家は、明らかに芸術の感覚から生まれる創造性のような多くのものを持っています。

そのため、これらの10代の若者は、以前よりも優れている可能性のある他の射撃テクニックを頻繁に試します。 その後、自撮りドローン、ドローンと遠くから写真を撮る技術が登場しました。

カメラは最も重要な要素です

この自撮りドローンは、以前の自撮りの最新の自撮りスタイルですが、自画像アクティビティとしての自撮りは、忘れられない最も重要なものです。 最も重要なことは、#カメラです。

自撮りドローンには、写真を撮るカメラもあります。このドローンカメラは、調査する必要がある優先事項である必要があります。 このドローンでの撮影技術は実行されても画像の結果が良くない場合は役に立たないため、これは無駄になります。

高価な価格

うん、ドローンは非常に高価な商品と技術です。 最新のセルフィーであるニキシーのドローンは、通過して大量生産された場合、1, 000ドル以上または10, 000, 000円(1ドル= 10, 000ルピアと仮定)以上のお金を使う準備が必要です。 もちろん、この価格はインドネシア社会の規模にとって安くはありません。 しかし、それが現実であり、最新のセルフィーに支払わなければならない最新のテクノロジーです。

インドネシアに存在しますか?

この高価な価格で、自撮りドローンがインドネシアに存在して生き残るかどうかという疑問が生じますか? 中・低経済レベルで支配的なインドネシアの人々は、ドローンを購入するために確かに二、三回考えます。 しかし、多くの無人機が生産されると、競争が発生し、無人機の価格を下げて手頃な価格にすることができます。 待ってます。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here