Lia Puji Lestari〜地元の文化を守りながらビジネスを成功させる

今日の地元の文化は、私たちがめったに出会うことのない珍しい商品のようなものです。 地元の文化は、最近若い世代をますます苦しめているさまざまな外国の文化によって侵食されているようです。 この地域の文化を保存するには、膨大なエネルギーも必要です。 地元の文化に苦労し、それを守る人々がいるとすれば、彼らは民族に対するナショナリズムを支持する並外れた人々です。

そして、それがLia Puji Lestariがやったことのようです。このファッションが本当に好きだった若い女性です。 実際、彼は自分の地域で地元の文化を保存できるだけでなく、地元の富をビジネスにすることで利益を得ることもできます。 彼は、ボルネオビーブランドを携えて、インドネシアのすべての人々にカリマンタンの典型的なジュエリーを普及させ、紹介することに成功しました。 Lia Puji Lestariからのこの感動的な話はどうですか、以下を参照してください。

ダヤックの職人に会った後のビジネスチャンスを見る

彼のビジネスストーリーの始まりは、彼がインドネシアの手工業の講師プロジェクトをフォローし、それがカリマンタンの職人の質に出会ったときから始まります。 また、職人と1か月間滞在し、職人が作った職人に関するさまざまな情報を抽出しました。 その1ヶ月の間に、これらのオリジナルのダヤック製品に対するインドネシア市場への関心の欠如に関して職人から多くの苦情があったことが判明しました。 職人は、彼らよりもビーズを大切にしているのは外国人だと言います。

彼らの説明から、リアプージレスタリは元のダヤック製品を持ち上げようと興味をそそられました。 彼によると、彼らの人工ビーズは非常にユニークであり、現在のトレンドに従ってジュエリーとして使用するのに非常に価値があるからです。

その他の記事: Safri Ali〜Rp。10, 000から始まり、今ではクラフトビジネスは月に数千万を獲得することができます

リアによると、現代的なタッチが不足しているために、これらの地元の文化的産物をしばしば望ましくないものにする弱点。 現在の傾向に合わせて少し創造的なタッチを与えられたとしても、地元の文化的製品は爆発し、リアがボルネオ・ビーを通してしたように、今日の若者に愛されるでしょう。

市場製品のリアマーケティング戦略

Liaは最初、ジュエリー製品の販売が難しいと感じました。なぜなら、彼女がビジネスを始めたとき、彼女はまだ積極的に勉強していたからです。 しかし、リアは大学を卒業した後、あきらめたくありませんでした。その後、彼女は1か月のコースを受講し、製品マーケティングの考え方を変えました。 今のところ、彼は彼のマーケティング戦略の焦点はオンラインと残りのオフラインを通じて90%であると主張しています。 この方法は非常に効果的であることが判明し、現在もボルネオが存在し続けることができます。

Liaは、オンラインに焦点を当てたマーケティング戦略を実行することに加えて、自分の製品に常に新しいイノベーションを求めていると説明しました。 秘trickは、さまざまなメディア、#internet、雑誌、ソーシャルメディアを通じて常に新しいファッショントレンドを探すことです。 そこから、彼は現在のトレンドであるファッションを監視し続け、翻訳して新しい製品を作ることができます。 彼の市場の焦点は若者であるため、彼は若者向けに自分の製品を調整できなければなりません。

また読む: Retno Hastuti〜Pine Waste Craft Businessから毎月3, 000万を獲得

若者のためにリアからビジネスを始めるためのヒント

Liaは、若い年齢での多くの経験を見て、若者向けのビジネスを始めるためのいくつかのヒントを共有しました。 彼によると、ビジネスを始めたい若い人たちにとって、最初は勇気です。 彼らは、どんなビジネスが行われようとも、すぐに実現されなければならない、始める勇気を持たなければなりません。 必ずしも起こるとは限らないことを恐れないでください。 彼の経験から、ビジネスは想像ほど怖くありませんでした。

「ほとんどの若者は、ビジネスをしたい場合、これを恐れているか、倒産することを恐れているか、それをしないか、間違った戦略をとるなどです。 重要なことは、あなたがビジネスで決断を下したいなら、すぐに実行し、恐れる必要がないなら、勇敢であることです。 最終的に、ビジネスは若い人たちが想像するほど怖くはなく、ただ楽しむだけです」と彼は強調しました。

だから、ポイントは、すぐにあなたの心の中にあるもののビジネスアイデアを開始することです。 通常、あまりにも長い間待つと、アイデアが消えてしまうか、他の人に先行されるためです。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here