現在のパス機能を補完する3つのシンプルな機能を次に示します

まだかなり新しい#media socialについて議論します。つまり、Pathは常に興味深いものです。 Dave Morinと彼の2人の友人、Shawn Fanning、Dustin Mierauによって設立されたネットワークは人気があり、FacebookとTwitterに匹敵するからです。 インドネシアのパス自体の規模でさえ、400万人以上にリーチする最もアクティブなユーザーがいるソーシャルメディアになっています。 ここから、2015年5月29日にDaum Cocoaが取得したソーシャルメディアには、過小評価できない独自の機能があります。

2010年11月に正式に開始されたPathは、他のソーシャルメディアと比較してPathの利点でもある独自の独自性を持っています。 #FacebookやTwitterなどの他のソーシャルメディアが所有していないPathが持つ利点は、「プライベート共有」や「インナーサークル」の機能に似ています。

2つのパス機能に加えて、 ステッカー機能、写真のステッカー、および絵文字も、ユーザーの感情を一瞬で表現できるほど興味深いものではありません。 そして、Pathが他のソーシャルメディアに持っている、持っていない最後のユニークで興味深い機能の1つは、誰かが私たちのプロフィールを覗いているのを知る機能です。

まだ完璧ではないパス機能

目次

  • まだ完璧ではないパス機能
    • 1.テキストブロック機能
    • 2.コメントの友人のブックマーク機能
    • 3.機能編集の瞬間またはコメント

多くの人がこのPath機能は十分すぎるほど面白いと主張していますが、残念ながら一部のユーザーはPathにはまだ不完全であり、いくつかの欠点があるため完全ではないと感じています。 Path自体の弱点は、見逃してはならないいくつかの単純な機能です。

別の記事: 2015年を通じてインドネシアのユーザーの人気トレンドのパスリリース

それでは、Pathを補完し、より完全で特別なものにする必要があるいくつかの単純な機能は何ですか? レビューの後。

1.テキストブロック機能

Pathを補完する最初のシンプルな機能は、テキストブロック機能です。 この機能は非常に簡単です。 残念なことに、カリフォルニアに本社を置くソーシャルメディアは簡単に見えますが、アメリカにはまだありません。 したがって、もっとクールにしたい場合は、アプリケーションでこの機能の出現をすぐに認識しなければなりません。

ブロックテキスト機能自体は、重要だと感じるパス内のテキストをコピーできる機能です。 このテキストをコピーするプロセスから、ユーザーは後で#WhatsAppやBlackBerry Messengerなどと共有できます。 これまで、タイムラインからテキストを取得したいPathユーザーは、スクリーンショットをキャプチャまたは撮影する必要がありました。

キャプション機能を使用しても目的のテキストを取得できますが、このキャプチャ方法から取得したフォームはプレーンテキスト形式ではなく画像(jpgファイル形式)です。

2.コメントの友人のブックマーク機能

Facebookのコメントに友人をタグ付けすることは、あなたにとって当たり前になっているかもしれません。 ただし、Pathを開いて、友達にタグ付けするのと同じことをしたい場合は、それができるとは思わないでください。 なんで? Daum Cocoaが取得したソーシャルメディアのタグ機能はまだ存在しないためです。

これまで、パス自体には現在 タグ機能しかありません のみ。 この機能は、良い瞬間を見つけたときにコメントをタグ付けしたい一部のユーザーのニーズには確かに十分ではありません。 このコメントの友人のタグ付け機能を使用して、彼らは彼らが伝える瞬間をより生き生きと刺激的にします。

また読む: ハイテクの世界で豊富な経験を持つPathの創設者であるDave Morin

3.機能編集の瞬間またはコメント

最後に、現在Pathの機能を補完するためにあるべき最も単純な機能は、瞬間またはコメントの編集機能です。 コメントを書くときや瞬間をタイプするときに、人間の名前は間違いを犯す可能性があります。 Pathでは、残念ながら、間違えたときやコメントを入力したときに編集を行うことはできません。

現時点でマークされていない友人がいる場合でも、編集することはできません。 その影響は、ユーザーが時々その瞬間またはコメントを削除することを余儀なくされてから、新しい瞬間またはコメントを再度投稿する必要があることです。 これはもちろん非常に面倒で複雑です。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here