Android 5.0 Lollipop画面を簡単に記録する方法

しばらく前に、Androidでスクリーンレコーディングまたはスクリーンレコーディングを行う方法について書きましたが、この方法はAndroid 4.4 KitKat以下で特に使用され、その操作にはルートアクセス権が必要です。 調べたい場合は、記事「Android画面を簡単に記録する方法」をご覧ください。

現在急成長しているAndroidはコード名がLollipopのAndroid 5.0であるため、今回はAndroid 5.0 Lollipopの画面を記録する方法を共有します。 この方法の利点は、ユーザーが最初に#smartphoneをルート化する必要はありませんが、最新のAndroidバージョンにはアプリケーションがルートアクセスとADBコマンドを使用せずに画面を記録できる新しいAPIが搭載されているため、画面記録を行うために直接実行できることです。

AZ Screen RecorderでAndroid 5.0 Lollipop画面を記録する方法

今回の#Android Lollipop画面の記録方法に関するガイダンスとして、使用されるアプリケーションは、Google Playストアで無料で入手できるAZ Screen Recorderです。 AZ Screen Recorderの利点の1つは、記録の時間制限がないことと、開発者の透かしがないことです。 さらに、ユーザーは記録中に一時停止し、後で続行することもできます。

別のプラスは、エンコーダーの設定、通知、解像度の選択(スマートフォンの解像度に調整)、最大60fpsのフレームレート、画面の向き、音声録音の有効化と無効化など、ビデオ録画を行うために詳細に分類されるいくつかの設定の存在です[設定]にあります。

ガイダンスについては、以下を参照できます。

1.最初に、次のリンクから#AZスクリーンレコーダーアプリケーションをダウンロードします。GooglePlayストアのAZスクリーンレコーダー。

2.アプリケーションアイコンをタップすると、以下に示すように4つのボタンが表示されます。

各ボタンの機能は左端からです。

A.設定でカウントダウンを設定して画面録画を開始します

B.ボタンは、設定ページまたは解像度、フレームレート、画面の向き、その他の設定を調整できる設定に移動します。

C.ギャラリーロゴのような形のボタンディレクトリ出力。 タップすると、作成された記録ファイルをリストするページが開きます。

D. AZ画面記録メニューを閉じるボタン。

3.画面の記録プロセスを開始するには、 Aボタン(#のカメラレンズ、左側の位置)を押すだけで、その後記録プロセスが実行されます。 記録プロセスが実行されているかどうかを確認するには、通知リストで記録プロセスを確認できます。

4.記録プロセスの実行後は、ゲームをプレイしたり、ライブチュートリアルを行ったり、アプリケーションのレビューを行うなど、やりたいことを行うだけです。 ナレーターとして話すことを忘れないでください。これにより、録音がより明瞭になります。

5.録音を終了しますか? 閉じるボタン( D )をタップするだけで、録画を視聴する準備が整います。 次は? Facebookまたは#Youtubeでビデオを好きなようにアップロードできます。

以下は、この記事で書いた内容に従って、AZ Screen Recorderを使用して作成したビデオです。 ビデオでは、アプリケーションの設定とメニューについても簡単に説明しています。 ビデオは実に短すぎます。AZScreen Recorderの使用に関するデモチュートリアルと考えてください。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here